« 歌の前に | トップページ | バリのキャンディ »

歌の前に ②

120223_12250511

こんにちは。

少しづつ寒さが和らいでいるような気がします。 
そしてそれと同時に屋根からは雪が落ちてくるし、軒下は注意ですsweat01

歌う日が近づき、主催されるY先生と 打ち合わせが続いています。



Y先生は 大船渡の出身。 震災は 幸いにも難を逃れ、それでも 多くの知り合いを
亡くされたそうで 言葉も見つかりません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Y先生とは 高校のときから レッスンの先生が同じで 一緒に大学進学に向け一緒に勉強しました。

数えたら、、、○十年来のお付き合いです。


Y先生は、今 ピアノ、エレクトーンと 幅広く手掛けてらして

私は 沢山 歌の伴奏をして頂いてました。





過去に メリーウィドーのアリアとか、 ミュージカル のキャッツ より メモリー とか
オペラでは、ヴェルディの 乾杯の歌 とか 本当に 沢山 伴奏してくださってありがとうございます。


音楽だけではなく、プライベートでも とても 楽しくお付き合いしています。


去年の3・11 このことは、二人で 言葉を発することなく とにかくお互いに
無事で 頑張ろうと 電話で話をしたり 合って 話をしたり してきました。






そして 来月 その震災から1年が経とうとしています。


バリ舞踊もじぶんにとって大切な世界ですが

音楽は ずっと自分と共に過ごしてきた。

薔薇~の ブログでは そこまで音楽のことを、
あまり 詳しく書いてこなかったですが


だけど  Y先生との ステージが間近となりワクワクしています。

一緒に 音楽を奏でる ということの 幸せな思い、 本当に たまりません。






まもなく コンサートの詳細をアップさせてくださいね。(もちろん Y先生 OKいただいてます)


↑の画像ですが、 声のトレーニングで (ちょっと難しすぎです) 20代の時挑戦した

「蝶々夫人」を 久々に引っ張り出して 歌ってみましたが なんとまあ~
出ない、、、、でも (本音) 悔しいので がんばって また あちこち フレーズ歌ったりしてます。

ステージ踏んだんだから、 歌える!そう思って 汗にじませて歌うのは 年取った証拠ですね

120223_12254011

ページを開き、あ、、、 定価が着いてる (なんで剥がさなかったかな もう)
でも かえって 思い出になってよいか。

ここの冒頭のところ は 有名だけど その前の フレーズから だいたい
歌がはじまるので この楽譜では あまり勉強してなかったのですが
この楽譜をみると、テンションが上がって 練習できるので 練習のとき
そばにおいてます。


この曲ではなく、 「千の風になって」 を Y先生の伴奏で 歌うなんて

ほんとうに幸せ者だ 私。





なんだか わけのわからないことを書いてますが。

学校時代 あーでもない、こーでもないと試行錯誤して声を作っていったことを思いなしながら

ステージに望みたいと思います。







歌も踊りも どんどん 今年は 数をこなして行きます。(有言実行です)

どうぞ よかったら 情報や 諸々 このブログで ご覧になってくださいね!


継続は力なり!  なんだか 熱く語ってしまいましてdash


季節の変わり目、雪解けによる事故や 体調など くれぐれも お気を付けてくださいね。








|

« 歌の前に | トップページ | バリのキャンディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197187/44232220

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の前に ②:

« 歌の前に | トップページ | バリのキャンディ »